これから株を始めてみたい人や株初心者の人は投資に慣れてないので、どこに投資することで利益を得られるかの判断が難しく感じるはずです。そんな人におすすめしているのが安価でできる投資です。1万円台で株価を買えるならリスクは少ないので始めやすいはずです。そんな1万円台で買える株価のランキングを紹介します。

これは嬉しい!おすすめの株主優待について

日本円

企業が株主に、株を保有してくれるお礼と、自社への親近感を深めてもらうため、何らかのプレゼントを行うことを株主優待と呼びます。
自社商品やサービスの優待であることが多いものです。
配当と違って法に定めはないので、その内容はバラエティに富んでおり、選ぶ楽しみもあります。

貰って嬉しいのは、まず「確実に自分で使うもの」です。
生活に密着した商品やサービスを扱っている企業からの優待がそうです。
日々の生活で使うものの値段がお得になるのは、とても嬉しいものです。

また「自腹を切ってまでは欲しくないが、優待券があれば使ってみたい」プチ贅沢な商品やサービスも貰って嬉しいものです。
普段使っている商品やサービスをグレードアップできれば、楽しみが増えます。

株主優待制度は日本独自のもので、海外では珍しい制度です。
根底にお中元やお歳暮などの「贈答文化があるのではないか」と言われています。
確かに、一般に貰って嬉しいものを企業から貰えると嬉しいですし、それが自分が株主となっている企業だとより親しみを感じるようになります。

また、このようなプレゼントを金銭に換算し、配当と合わせて「実質利回り」として考えることもできます。
株主優待を受けることで経済的なメリットを得られるので、実質的にその銘柄の配当の一部として計算し、銘柄選びの参考にする投資家もいます。
普段の生活だけでなく、投資生活の楽しみの一つとなります。

企業としては、株主優待を活用することで、安定して株を保有する個人株主を増やしたいと考えています。
株式市場で売買益だけを目的に短期的に売買する投資家よりも、「その銘柄に愛着がある」「株主優待を含めた実質利回りが高いと判断する」などの理由で長期的に株を保有する投資家に増えて欲しいと思っています。

企業にとっては自社の商品やサービスを提供するので、配当金を出すよりも低コストで株主へサービスができます。
また、基本的に国内の株主にだけ送るので、この点でも低コストです。
低いコストで安定した株主を得られるので、株主優待制度を導入している企業は増加傾向にあります。

人気の株主優待が受けれる銘柄情報

「日々の暮らしで毎日使うもの」「プチ贅沢が味わえるもの」をプレゼントしている銘柄は、人気が高いものです。
株主優待目当てで、権利が確定する日に合わせてその銘柄を購入する人が多く、それが原因で株価が上昇することもあるほどです。

例えば、イオンは「株主様ご優待カード」として「イオンオーナーズカード」というものを発行してくれます。
イオンの株を100株以上持っていれば、毎日のイオンでの買い物が3%お得になります。
株式数が多くなれば割引率はさらに上がります。
生活に密着しているのでとても人気があります。

マクドナルドは「優待食事券」をプレゼントしてくれます。
100株以上で1冊で、保有株数に応じて冊数が増えます。
日ごろ食べている人にとってはお財布が軽くなる嬉しいプレゼントです。
また、普段マクドナルドに行くわけではないけれど、無料の食事券があるなら、コマーシャルで話題の新商品を試してみたくなります。
そこから新たにマクドナルドのファンが増えるかもしれません。

ANAの株主優待では、片道運賃が半額になる「株主優待番号」を発行してくれます。
100株で1枚で、これも保有株数が増えれば枚数が増えます。
旅行することが多い人にとって、航空運賃は高いものです。
ANAのような伝統ある航空会社の運賃が半額というのは嬉しいでしょう。
また、ANAの優待では「グループ会社・提携ホテル」「パッケージ・ツアー」の料金が割引になります。
旅行好きなら、普段利用しているものをグレードアップしてみようかという気になりますし、割引料金をきっかけに新たに旅行を考える人もいるかもしれません。

株主優待を受けるには、権利を得られる基準日の3営業日前までに投資する必要があります。
配当より低コストな株主優待は、工夫をこらして存続するものも多いものです。
自分にとって魅力的な内容のものをみつけてお得に楽しみましょう。